避けられない出費

誰しもお金がもう少しあればなとある時があると思います。
欲しいものがあるのに、足りないから買えない。
もしくは、お金はあるが、ここで使ってしまうと今後の生活が苦しくなる、今後買わなきゃいけないものが買えなくなる、貯金が減ってしまうのは不安だ、という場合です。

 

またよくあるのが、結婚式が続いて今月苦しいというのもあります。
これは計算外、予定外の出費としてよく言われる事です。
ご祝儀と新幹線代と二次会三次会の参加費、これが月に2回あるとかなりくるしいですよね。
東京に住んでいて、結婚式が名古屋で1回、大阪で一回あるとすると、新幹線代だけで、2万円と3万d円、合計5万円もいきます。
ご祝儀が3万円とすると、合計6万円。
二次会三次会合わせて1万円とすると、合計2万円。
全部足すと13万円です。
余裕のない生活を送っている時に1か月で13万円持っていかれるのはかなり苦しいです。
持っていかれるだけならいいですが、そもそもそんなお金ないという場合もあるはずです。
もっと遠方ならさらにかかりますし。


便利な借金

しかし、財布や貯金のままに生きていたらやっていけません。
結婚式にも行けなくなりますし、便利なものの利益を享受することも出来なくなります。
1年後ならお金がたまっているけど、それ以前にそのものが欲しいという時があるはずです。
こういう時に便利なのが借金、お金を借りられる仕組みです。
借金と言うとあまりイメージが良くないかもしれません。
しかし、この世から借金を取り除いたところを想像してみてください。

 

住宅ローンが借りられなくなりますよね。
ということは、自分のお金が貯まった時にやっと家が買えるという事です。
60歳近くになっているでしょうね。
60歳近くになって家を買う、何の意味があるでしょうか。

 

自動車ローンがなくなります。
すると、200万円貯まった時にやっと自動車が買えます。
それまでは、いくら通勤に必要でも買えません。
貯金がない新卒社員や、急に車がいる仕事に変わった人は、通勤で必要でも、200万円貯まるまで車を持てないのです。

 

学費ローンもなくなります。
お金がない家庭は、高度な教育を子供に受けさせてあげることが出来ません。
収入によって、学歴の差が明確になってきます。

 

クレジットカードもなくなります。
分割払い、リボ払いというものがなくなりますので、高額商品は売れなくなります。


借金は経済を支えている

つまり、借金がない世の中というのは、経済規模が小さくなる世の中ということになります。
高い買い物ができなくなるのです。
実際にそんな計算をした機関はありませんが、借金がなかったとすると、日本のGDPはかなり縮小することになります。
ですから、借金が汚いものとか、悪とかということはまったくないのです。
計画的に借金を利用すれば、それは自分のためだけではなく、日本の経済、つまり社会のためにもなるのです。
うまく借金と付き合って利用していきたいものです。


身近な借金について

このサイトでは、うまい借金の仕方、得するローンの仕方を紹介しています。
特に、住宅ローンや自動車ローンといった大きいローンではなく、結婚式の連続で財布が困った時などの日常生活の中でのお金が必要な場面に対応した借金についてお話ししていきます。
つまり、身近にある借金、カードローンやキャッシングについて詳しく説明していきます。

 

身近な借金にはいくつかあります。
一つはカードローン。
もう一つはキャッシング。

しかし、もっと身近なものがあります。何でしょう。
それはクレジットカードです。

 

あまり、クレジットカードを借金だと意識する人はいないかもしれません。
短期で引き落としされるものだからです。
しかし、その引き落としされるまでの期間、代金を払ったのは誰ですか?
あなたですか?
違いますよね。
だって現金で払わないで、カードで払ったわけですから。
誰が払ったか。
それはクレジットカードを発行している信販会社です。
例え分割払いでなく、一括払いであっても、引き落としまでは信販会社が立て替えてくれているわけです。
ですから、私達は信販会社に借金をしているわけです。

 

分割払いが借金であることは理解できると思いますが、一括払いでも立派な借金です。
この事を理解できれば、借金と言うのはとても身近だということに気づかされます。
逆に借金を嫌って、クレジットカードがない世界だと、とても不便で、経済規模も縮小してしまいます。
しかし、クレジットカードはこわいと言って、つまり借金は怖いと言って、過剰に抵抗感を持って、クレジットカードを1枚も持たない人もいますね。
必要以上に怖がっていると思います。
そこまで怖がる人は、普通の人よりも金銭感覚がしっかりしているということですから、カードの使い過ぎなんて、逆にしないと思いますけども…
理屈ではなく怖いといったところでしょうか。

 

このサイトでは、特にカードローンとキャッシングについて説明します。
また、キャッシングの比較をしているサイトhttp://tukuymigra.com/こちらも参考になると思います。
色々な知識を持って、便利にお金を使っていきましょう。